妊娠中 コーラック

コーラックには副作用にはどんなものがあるのか

妊娠中,コーラック,副作用

効果のある便秘薬として非常に人気の高いコーラック。

普段から便秘に悩まされている人の間でも困ったときにはコーラックを使用するという人もかなり多いのですが、妊娠中には出来れば避けるべきであるという情報もあります。
それには、コーラックを使用する上での副作用のリスクがあるためだと言われています。
では、コーラックにはどのような副作用があるのでしょうか?

 

とはいえ、まずコーラックがどのような便秘に効果があるのかというのを知って使っている人が意外と少ないのも問題であると言えます。
コーラックの場合、生薬を使っているコーラックハーブ、効き目が少し優しくなっているコーラックソフト、便秘の状態に合わせて自分で調節をすることができるコーラック?や、座薬タイプで即効性の高いコーラック座薬タイプといった種類があります。
ですが、根本的な効果を発揮する便秘の種類はみんな同じで、常習性の便秘・・・つまり、慢性の便秘に効果があるということは変わりません。
つまり、器質性便秘などには効果がないということになります。

 

もちろん、他の便秘にコーラックを使用して絶対に解消されないというわけではありません。
複数の便秘の原因を抱えている人もいるわけで、その中にコーラックで解消できる便秘が含まれているようであれば、その便秘だけでも解消することは可能で、効果を実感できることもあるからです。

 

問題は、便秘に困ったときにすぐにコーラックを使ってしまうことにあります。
というのも、コーラックはドラッグストアなどで購入することができるものの、立派な薬なのです。
薬には、ある程度服用を継続してしまうと耐性ができてしまうというデメリットがあります。
頭痛薬などもそうですが、薬が効かなくなってしまうのです。
コーラックの場合も常習性が出てしまうと便秘の解消が難しくなってしまうことがあります。
しかも、最初のうちは効果があったという人ですと腸がコーラックに含まれる成分の力に頼りきってしまい、薬なしでは排便できない状態になってしまうこともあるのです。
これは確実にコーラックの副作用といえるものです。

 

また、効果がありすぎていきんだときに脱肛を起こすことも副作用として挙げられています。
特に妊娠中・出産後の女性は脱肛を起こしやすいので要注意です。

 

ただし、一般的に副作用と思われているが実は違うというものもあります。
それが、腹痛や下痢です。
これは副作用というよりも、好転作用というもので腸がコーラックの成分にビックリしながらも効果を得ていることから腸の状態に変化が現れ、それによって腹痛を起こす、または便秘薬が効きすぎて下痢を起こしているようなものなのです。
つまり、副作用というよりも効果が得られている証拠にもなりますし、あくまで使い始めたときだけという一過性であるためそこまで問題視する必要もないと言えます。
あまりにも下痢が長く続いたり、腹痛がひどいようであれば基本的にはすぐにおさまりますが、なかなか症状が消えないときには病院で診察を受けるようにしましょう。

 

ただ、腸の運動があまりにも活発になってしまうことで子宮の収縮を引き起こしてしまうリスクは妊娠中の女性特有の副作用として無視できないところがありますので、やはり妊娠中にはこういった薬は使わないほうが良いでしょう。

サプリメントなら使っても大丈夫?どんなサプリが良いのか?

妊娠中,コーラック,副作用

もちろん知っている!という人が多いこととは思いますが、あくまで下剤や便秘薬と呼ばれる“瀉下剤”とサプリメントは別物です。

サプリメントは薬ではなく必要な摂取したい成分をギュッと錠剤などに凝縮したものですから、妊娠中に下剤や便秘薬を使用することで起こる副作用などのリスクはまず心配しなくて良いと言えます。

 

つまり、言い方を買えれば妊娠中の便秘解消を市販の便秘薬に頼って副作用な胎児へのリスクなどを背負いながら使用するくらいであれば、サプリメントでどうにか栄養素のバランスを保ち、ホルモンバランスの乱れによって発生した便秘を解消した方が良いということになります。

 

実際、産婦人科の医師が“妊娠中には下剤よりサプリメントを使いなさい”と指示を出すケースも今では珍しくないのです。
とはいえ、どんなサプリメントでも良いわけではないですし、ただ手当たり次第飲めば良いというわけでもありません。

 

重要なのは、サプリメントで得られるのは便秘を解消する効果というよりは腸内環境を整える効果であるということ。
つまり、薬を使ってしまったときほど即効性はないことをあらかじめ理解しておく必要があります。

 

サプリメントで摂取するのであれば、乳酸菌が含まれているものが1番効果が高いと言えます。
また、サプリメントとはまた少し違いますがオリゴ糖を試してみることでビフィズス菌を摂取したり病院で処方された下剤を使うよりも便秘解消ができたという人もいますので、こういったものを使用してみても良でしょう。

 

あくまで便秘解消への即効性はありませんから、便秘にいち早く感づいたり、または普段から便秘気味であるなら余計に妊娠中は便秘になりやすいことを理解して、早めに摂取を始めておくなどすると便秘を解消するまでに時間がかからなかったり、もしくは便秘にならないで妊婦生活を送ることができるようになります。

栄養素って・・・何を摂取すれば良いの?

妊娠している・していないに限らず便秘を解消するにはできるだけ薬の力を使わないことが望ましいと言えます。
とはいえ、色々試したのにそれでも解消できないから薬を使いたいのに!ともどかしい気持ちでいる人も多いことでしょう。

 

使いたいのに使えない・・・そうなると余計に薬であればどうにかできるかもしれないという気持ちが強くなるものだということも分かります。
ですが、あくまでそれは気持ちの問題であり、正しい知識を得て薬を使用することなく便秘を解消するのはそこまで不可能でも困難なことでもないのです。
これは妊娠していても全く同じことで、通常の便秘と違い黄体ホルモンのバランスにより腸のぜん動運動が抑えられてしまっているような状況でも食品で便秘を解消することはできるのだということを覚えておいてください。
ただし、薬と違うのは食品によってはその人の体と相性が良い・悪いというのが少なからずありますから、一般的に効果があるといわれている食品を試したからといって必ずしも便秘解消ができるというわけではないということ。
もちろん、これは薬にもほとんど同じようなことがいえるわけですが・・・。

 

さて、ではいざ食品で便秘を解消してみようと思ったときにどんな食品をとれば良いのかわかるでしょうか?
大まかに、食物繊維じゃない?
いや、オリゴ糖が良いって話だけど!
乳酸菌を摂取しておけば良いって聞いたのは本当なのかな?
など、何となく便秘解消に良い食品を耳にしたことがある人はいると思います。
実際にはどのようなものが便秘解消に効果があり、尚且つ妊娠中の便秘により一層高い効果を発揮してくれるのかを調べてみましょう。
参考外部サイト( 妊娠中の便秘解消に良いオリゴ糖ランキング

妊娠中,コーラック,副作用

まず、1番有名なのは食物繊維でしょう。

これは正解です。
ただし、大雑把に食物繊維とまとめて考えるのではなく、水溶性の食物繊維と不溶性の食物繊維として分けて考えてみましょう。
結果としてはどちらもバランスよく摂取しないといけないものです。
水溶性の食物繊維は便が硬い人にお勧めですが、だからといって不溶性食物繊維の存在を無視して水溶性ばかり摂取していると下痢を起こしたり腹痛を起こしたりして長続きさせることができなくなります。
反対に不溶性食物繊維だけ摂取しているというケースも、便秘が全く解消されないどころか、便秘を解消するために摂取した食物繊維が腸内に溜まってしまい、便秘や腸内環境を悪化させる原因になってしまうこともあるので要注意なのです。
寒天などに含まれる水溶性食物繊維と、ごぼうなどの野菜に含まれる不溶性食物繊維はある意味別物と考えてそれぞれをきちんとバランスよく摂取するようにしましょう。

 

妊娠中,コーラック,副作用

また、乳酸菌の摂取も食物繊維と同じく便秘解消に効果があります。

乳酸菌の場合、動物性と植物性がありますが、便秘が長く続いて腸内環境が悪化してしまっている場合には植物性乳酸菌を多めにとることをお勧めします。
動物性乳酸菌は、善玉菌が腸内にあれば善玉菌のえさになってくれるのですが、悪玉菌も動物性乳酸菌をえさにしてしまうため、腸内環境が悪化している状態では多少避けるイメージで摂取したほうが良いでしょう。
また、乳酸菌と同時に善玉菌を増やす働きを補佐してくれるビタミンCも摂取するようにすることで善玉菌が増殖し便秘解消ができるまで期間を短くすることができます。

 

更に、これは意外だと感じる方も多いのですが、カルシウムも便秘解消に一役買ってくれる成分であることを覚えておきましょう。
特に妊娠中に限らず普段から便秘気味の人はカルシウム不足で骨が変形してしまっていることが便秘の原因になっているケースがあります。
直接的には便秘の原因として絡んでいなくても、カルシウムを摂取することで便秘解消の手助けができるケースもあるということになります。

 

こういった成分が含まれている食品を摂取することで、上手に食生活だけで便秘を解消することができればそれが1番良いことなのです。

授乳中も一部のコーラックには気をつけて!

妊娠中,コーラック,副作用

下剤として人気があるコーラック。

妊娠中には使わないほうが良いという声が大きいのですがこれはコーラックに限ったことではなく、市販の下剤に関しては妊娠中には使わないほうが良いと言われています。

 

ですが、妊娠中にはNGなコーラックも、授乳中であればOKという医師も大勢います。
全く影響がないというわけではありませんし、注意しなければならない点もあります。
共通しているのは妊娠中も授乳中も結果的に影響を受けるのは子供だということですが、妊娠中に使用したコーラックが胎児に与える影響と、授乳中に使ったコーラックが乳児に与える影響というのはまた違った内容になります。

 

とはいえ、一般的なコーラックに関しては摂取した成分が母乳に含まれてしまうことにはならないので使っても全く問題はありません。
腸を収縮させる影響を子宮にまで与えることに変わりはないので、妊娠中はどのコーラックも使ってはいけないことに変わりはありませんが、通常のコーラックであれば授乳中はOKなのです。

 

では、どんなコーラックがいけないのかというと、コーラックハーブやコーラックファイバーに関しては、成分がそのまま母乳に出てしまうことになり、それを飲んだ子供が下痢を起こしてしまうこともありますので、授乳中にも避けたほうが良いということになります。

 

妊娠中は全てダメ、授乳中は一部であればOKということになるわけですから、使うものに関しては授乳中には選べば使うことができるということになります。

2015/08/28 09:30:28 |
便秘薬を常用している人であれば、一度は目にしたり耳にしたことがある“ビサコジル”という成分。便秘知らずな人でも、妊娠中に薬を使用したときに、このビサコジルが含まれている可能性は高いと言えます。ビサコジルは大腸を直接刺激するという働きを持っており、それによって便の排出を促す効果があります。私たちが知っているコーラックなどの便秘薬にもビサコジルは含まれています。ビサコジルは非常に効果が高い成分です。ある意味、このビサコジルが含まれているから効果が高いといえるところがあるというのも事実です。とはいえ、ビサコジルは服用する薬として単体で使われることは基本的にはありません。ビサコジルが単体で使われるとす...
2015/08/28 09:28:28 |
一般的に便秘は困りものというイメージが強いかもしれませんが、困りものである以上に便秘を放置することは非常に危険であるということを知っていたでしょうか?便を出したいのに出ない・・・というのは確かに苦しいですし、それが原因でおならが臭くなる、口臭がひどくなる、体臭が出るなどエチケット面でも気を使いたい部分に影響が出てしまうことももちろん問題ではあります。ですが、便秘を放置して起こる問題はそれだけではないのです。そもそも、便秘をそのまま放置しておくと腸内には古い便から新しい便までがどんどん蓄積されてしまうことになります。そうなると便が原因で腸内は悪玉菌だらけになってしまいます。便には体外に排出したい...
2015/08/28 09:27:28 |
妊娠中に便秘になってしまうのは、決して珍しいことではありません。ですから、妊娠中に便秘になってしまったときの解消方法というのもそれなりに数多く存在しています。妊娠中には、できれば薬というのは使いたくないと感じている妊婦さんは少なくありません。もちろん、妊娠中の便秘を解消するのには、薬を使う方法もありますが副作用を起こす危険性をはらんでいるものもあるため、できることなら薬を使わず自然な方法で解消するというのが1番理想的でもあります。妊娠中以外の便秘と比較すると自分の体だけではなくお腹の中の赤ちゃんにまで影響を与えかねないものですから、焦る必要はありませんが、敏感に便秘の症状に気づき、できるだけ早...
2015/08/28 09:25:28 |
妊娠中に便秘になってしまった場合、実は1番実行している人が多い解消法が薬を飲むというものです。単に薬といっても、病院で処方された下剤のようなものから、市販の便秘薬まで色々なものを使っている人がいるわけですが、実際、この妊娠中の便秘を薬で解消しようとするということ自体、良いことなのでしょうか?それとも悪いことなのでしょうか?病院で処方された薬であればOK、市販薬はNGという考え方をしている人もいますが、総じて薬で解消することというのはあくまで奥の手であり、あまりお勧めできる方法ではないと言えます。まず、下剤ですが(コーラックも下剤に含まれます)これは子宮を収縮させてしまう効果があるため、切迫早産...
2015/08/28 09:21:28 |
普段便秘になってしまった場合には、ハッキリ言って健康に害がないのだとしたら下剤を使おうが、それが市販であれ処方される薬であれ、何を使っても問題はありません。ですが、妊娠している期間であればそうもいきません。使える薬だって限られますし、そもそも薬は絶対に使わないほうが良いという医師もいるくらいです。本当に健康に何の問題もなく胎児が成長していて、母体も問題なく健康であったとしてもいつ何が起こるのかわからないような状況とも言える妊娠中には、子宮に影響を与えたり腸に強い刺激を与える薬は使わないのが1番だからです。ですから、下剤と同じくらい効果があるけれど薬ではないものを使って、便秘を解消することができ...